【90年代】Acid Jazz と UK Soul パート1 ~ Acid Jazzってジャンルあったよね

90年代の初期頃にUKで始まった、”カッコイイJazz”、”踊れるJazz”、色々語弊がありそうですが、そんなイメージのAcid Jazz。

さらには、Acid Jazzと相性がいい、UK SOUL。同じUKだから雰囲気似ているのは当たり前だけど、なんだかおしゃれで都会的な雰囲気がプンプンしてきます。

そんなこんなで、新しいプレイリストは90年代のAcid JazzとUK SOULを集めてます。

ちょっと99曲のプレイリストは結構大変なので今回は33曲でまとめます。

まずは11曲、今回は聞きやすく、かけやすいBPM101~105までの曲!

90s ACID JAZZ & UK SOUL by 99PLAYLIST (Spotifyのプレイリスト)
※シャッフル再生のみだったら無料で聞けます

The Greyboy Allsters – Soul Dream (1994)


いきなりUKではなく(笑)USはサンディエゴのAcid Jazzバンド?のThe Greyboy Allsters(ザ・グレイボーイ・オールスターズ)で”Soul Dream”!!

一発目の曲にふさわしいかっこよさです。ドラムが入るところがマジ鳥肌もの。HIP HOPが好きな人もはまるはず!

C.F.M. Band – Jazz It Up (1991)


Acid Jazzの名曲、と言われるC.F.M. Band(CFM・バンド)の”Jazz It Up”!!

鳴り続けるハイハット、スムースなベースラインとピアノ、結構堅めのスネアでグルーブ感満載、さらにはスキャットまで入るナイスAcid Jazz!!

Down To The Bone – The Zodiac (1998)


気持ちいい!それに尽きるこの曲。Jazzっぽいピアノと気持ちいいビートが印象的な本曲。

Down To The Bone(ダウン・トゥ・ザ・ボーン)はUKのアーティストのようですが、UKだけではなくUSも売れた方々、キレイ目でかつカッコイイAcid Jazz!!

Tammy Payne – Tell Me Now 12″ Remix (1991)


Tammy Payne(タミー・ペイン)はUKの作曲家。グループとかでも活躍していたみたいです。

この曲は結構前の曲と同様に固いスネアを伴うAcid JazzトラックでレーベルもTalkin Loudなので、バリバリAcid Jazzなんです。結構曲の雰囲気的には後でも出てくるThe Brand New Heavies(ザ・ブランド・ニュー・へビーズ)に似ている印象、ボーカルの歌声とかもね。良作!

Act Of Faith – Love Not Love (Old Skool Mix) (1994)


これはまさにUK SOULって印象の曲!Act Of Faith(アクト・オブ・フェイス)の”Love Not Love”!!!

SpotifyにREMIXがあったんでそっちをチョイス。Album Versionと比べるとビートも太くクラブ対応してます!カッコイイ!

Loose Ends – Don’t Worry (1992)


Loose Ends(ルーズ・エンズ)って本当に都会的、アーバンな印象がプンプンするUKのバンド。この”Don’t Worry”もその最たるような曲!

ベースラインがカッコイイんですよね、本当。グルーブ感もヤバめ!この曲が入っているEPは本当に良作揃いの印象!

Soul II Soul – Move Me No Mountain (Club Mix) (1992)


続けて1992年のUK SOULの名曲!

Soul II Soul(ソウル・II・ソウル)の”Move Me No Mountain (Club Mix)”!!!この曲はサビで完璧にやられます!!

彼ら独特の重めのベースラインが印象的ですが、この曲はLove Unlimited(ラブ・アンリミテッド)のカヴァー曲。これ本当にサビがヤバいんです、サビが!

The Family Stand – Getto Heaven (Soul II Soul Remix) (1990)


続けてSoul II Soul関連の曲。The Family Stand(ザ・ファミリー・スタンド)の”Getto Heaven”!!!Soul II SoulのRemixです。

結構ドラマチックにウン・ウン・ウン・ウンって始まるけど(笑)まさにSoul II Soulの雰囲気になったかんじ!ちょっと古さが感じられますな(笑)

Randy Crawford – Give Me The Night (1995)


USのJazz、R&BシンガーRandy Crawford(ランディー・クロフォード)で”Give Me The Night”!!

George Benson(ジョージ・ベンソン)の同名曲のカバー。これは本当はYouTubeのMousse T’s Old Skool Mixが一番アーバンで好きなんだけど、SpotifyにはJazzっぽいバージョンしかなかったので、それをチョイス!それでもカッコイイ!

The Brand New Heavies – Never Stop (7″ Single Mix) (1991)


UK SOUL、Acid JazzといえばのThe Brand New Heaviesで”Never Stop”は外せないでしょ!

前身グループのK-Collective時代からの曲だけど、本当に名曲中の名曲!だと思ってます。気持ちよすぎです!

イントロのピアノからすでに昇天してしまいます。25年以上たっている今聞いても新鮮でオシャレ、さらには都会的な曲!

The Brand New Heavies – Midnight At The Oasis (1994)


続けてThe Brand New Heaviesで”Midnight At The Oasis”!!これはラジオと相性が良かった印象が強いけど。クラブでもMixでも全然いける一曲!

イントロもしかりサビもボーカルがいいし、相変わらずのメロディーの洗練された感じが非常に好きです!!

終わりに

Acid Jazzって言葉自体懐かしいと思う人が多い気がしますが、Jazzyで踊れるって言ったらAcid Jazzは外せないと思う。さらにはUK SOULはなんていったって気持ちいいし、オシャレだし、都会の雰囲気むんむん出しいうことなしです。

90s ACID JAZZ & UK SOUL by 99PLAYLIST (Spotifyのプレイリスト)
※シャッフル再生のみだったら無料で聞けます

ではでは!